Count No Count

備忘録、採点表

日本文学

ピュタゴラスの旅 / 酒見賢一

⭐️⭐️ 中島敦賞受賞作の初期短編集。作者自身は「バランスを取り過ぎている」と思っておられるが、「そうか~?」という雑多な短編の寄せ集めで出来不出来はあり。話としては「虐待者たち」が一番面白く、歴史ものとしては表題作より「エピクテトス」の方が充…

語り手の事情 / 酒見賢一

⭐️⭐️ これも酒見賢一の未読の落穂ひろい。英国ヴィクトリア朝のある屋敷を舞台とした妄想と倒錯の性の饗宴。作者が父親にかんかんに怒られたという異色作だが、あとがきがさらに凄い。酒見賢一に性的タブーはない!

童貞 / 酒見賢一

⭐️⭐️ 酒見賢一の中国史ものではあるのだが、異色の作品。太古の黄河の氾濫に悩まされるある邑は完全な母系社会で女尊男卑の世界。いきなり治水を成し得なかった男の酷たらしい処刑で始まり、それを見ていたある少年が成長とともにこの邑のしきたりを拒否し、…

木漏れ日に泳ぐ魚 / 恩田陸

⭐️⭐️ 大風呂敷広げっぱなし、エンディング投げっぱなしジャーマンの恩田陸にしては珍しく、あっさりと破綻もなく語り終える物語。明日同居を解消する男女が夜を徹して語りあう二人の複雑な家庭事情と互いの思い、そしてそれにまつわるある変死事件。交互に綴…

美しい星 / 三島由紀夫

⭐️⭐️⭐️⭐️ 三島由紀夫が冷戦時代に書いた異色SF。UFOを見た家族が自分たちが宇宙人だと信じ込み人類啓蒙救済を目指すが、一方同じくUFOを見た仙台の助教授たち三人も宇宙人であることを悟るが逆に人類は滅亡すべきだと考える。両者を仲介する右翼半日教組政治…

アミダサマ / 沼田まほかる

⭐️⭐️⭐️⭐️ 今映画界はちょっとしたまほかるブームだが、沼田まほかるの長編小説は五作しかない。この作品はその中でも特異な、彼女の僧侶としての宗教観を前面に押し出した作品。悲痛な最終章とそれを救済するエピローグは、まほかる渾身の文章だ。

ホワイトラビット / 伊坂幸太郎

⭐️⭐️⭐️⭐️ 伊坂幸太郎最新作は、クロスカッティング手法を用いた映画的な展開とトリックが面白い。高台の家での人質立てこもり事件に「オリオン座」と「レ・ミゼラブル」を絡める語り口はやっぱ伊坂流。あの男も健在だ!

美しの神の伝え / 萩尾望都

⭐️⭐️⭐️ これも「ピアリス」と同じく、萩尾望都SF原画展を契機に発売された新刊。全くの新作ではなく以前からある「音楽の在りて」という短編小説集13作品に「クリシュナの季節」「左手のパズル」とショート漫画「いたずら らくがき」の三作を追加したもの。…

刺繍する少女 / 小川洋子

⭐️⭐️ 小川洋子1996年の短編集。十作収められているが、はっきり言って小川洋子としてはそれほどレベルは高くない。ただ、何かを喪失していく人々の、彼女らしいディテイルの書き込みはやはり奇妙で残酷で不条理で美しい。「森の奥で燃えるもの」が一番良かっ…

魔王 / 伊坂幸太郎

⭐️⭐️⭐️⭐️ 大義なき衆議院解散総選挙が噂される今読んでみるのもいいかもしれない、非政治的人間伊坂の政治的作品。ファシストはまずは正論を吐く。国民は魔王がやってきたのに気づかない。

寡黙な死骸 みだらな弔い / 小川洋子

⭐️⭐️⭐️⭐️ 11の短編が絡まり合いもつれながら織りなす残酷で淫らで静かで美しい弔いの物語。之もまた紛れもない小川洋子の世界である。

氷山の南 / 池澤夏樹

⭐️⭐️⭐️⭐️ 2009-2010年に新聞連載された池澤夏樹の長編小説。南極の流氷をオーストラリアに曳航して灌漑水に利用とする壮大な計画、その船に密航したアイヌと和人のハーフの青年の成長譚、その船の多彩な国籍、宗教を持つ人々が活写され、前半は清々しい雰囲…

インシテミル / 米澤穂信

⭐️ 米澤穂信のミステリに関する知識を総動員したクローズドサークル内の12人の殺人ゲーム。実験的作品で出世作で映画にもなったが、やっぱり無意味な殺人劇は性に合わない。

終わりなき夜に生れつく / 恩田陸

⭐️⭐️⭐️ 前回紹介した恩田陸の長編「夜の底は柔らかな幻」のスピンオフ短編4編。「夜の底」はとんでもない方向に逝ってしまったが、キャラはよく書けていた。そのキャラの昔のエピソードだけあってうまくとまっており、安心して読める。

夜の底は柔らかな幻 / 恩田陸

⭐️⭐️ 短編「イサオ・オサリヴァンを探して」から恩田陸版「地獄の黙示録」に膨らましきれず、日本に舞台を移した作品。在色者というESPが勢揃いしてバトルロワイヤルを繰り広げるかと思いきや、見事に期待を裏切る恩田陸おそるべし。

四畳半王国見聞録

⭐️⭐️⭐️ 究極の森見登美彦「四畳半」「腐れ大学生」シリーズ。もうここまでくると究極の阿呆小説、最初からトライするような無謀な真似はやめたほうがいい。モリミンを極めた人にのみ許される禁断の阿呆神世界。

恋文の技術 / 森見登美彦

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎ 美しい装丁と題名に騙されると、大変なことになる、おっぱい満載抱腹絶倒の文通修行集。さすがモリミン、失った読書時間はプライスレス!

きつねのはなし / 森見登美彦

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎ 森見登美彦の表の顔が「有頂天家族」のたぬき系でだとすれば、このきつね系は底知れぬ闇を内包した裏面、彼自身が「三男」と呼ぶユーモアゼロのホラー系。同じ京都が舞台だが、芳蓮堂という骨董屋、狐の面、龍の根付け、そして闇に蠢く胴の長いケモ…

星に降る雪 / 池澤夏樹

⭐︎⭐︎⭐︎ カミオカンデのある飛騨を舞台にした短編「星に降る雪」とギリシアのクレタを舞台にした中編「修道院」の二編が収められている。どちらも亡くした友人に縛られている男と女の物語。池澤らしい語り口は健在だが饒舌に過ぎる部分もある。 ちなみにニュ…

光の指で触れよ / 池澤夏樹

⭐︎⭐︎ 傑作「素晴らしい新世界」の続編で、林太郎が社内不倫をしてしまいアユミが幼い可南子(キノコ)を連れて欧州へ去ってしまうところから始まる破壊と再生の物語。今回も膨大な知識・知見を取り入れた教養小説となっているが、前作のような注意深い中立性…

四畳半神話体系 / 森見登美彦

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎ 京都と腐れ大学生を書かせたら右に出るものはない森見登美彦、デビュー作「太陽の塔」の延長線上にある作品。新入生勧誘ビラ四枚のそれぞれを選択した四つの大学生活。結局どうやっても腐れ大学生になる運命なのだが、パラレルワールドが干渉しあい…

きみのためのバラ / 池澤夏樹

⭐︎⭐︎⭐︎ 2000-2006年に書かれた短編を集めた、世界各地を舞台とした池澤夏樹のコスモポリタンらしい作品。各々はやや浅い感もあるが、最後にテロの時代の旅の難しさと昔のメキシコの長閑な旅を対比させるあたりはさすが。

宵山万華鏡 / 森見登美彦

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎ 「有頂天家族」と表裏の関係をなす森見登美彦流ダーク・ファンタジー。傑作「夜行」 につながる要素満載。京都宵山を舞台とした六編の万華鏡のような物語の中で、金魚の赤が鮮やかに映える、好短編集。

有頂天家族 二代目の帰朝 / 森見登美彦

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎ 三部作構想の「有頂天家族」の第二部。赤玉先生の二代目や夷川家の長男、怪しげな幻術師など続々と新キャラが現れ、海星が姿を見せない理由も明らかにされ、あの三階建自家用叡山電車も登場し、やっぱり最後は大騒動に。地の文がしっかりブンガクし…

有頂天家族 / 森見登美彦

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎ 森見登美彦の京都ものの人気ナンバーワンシリーズ。ツイッターを見るとそろそろ第三作を書かれるようなので再読。何度読んでも「阿保の血のしからしむる」狸族、下鴨家四兄弟、宿敵夷川家の阿呆兄弟・金閣銀閣、落ちぶれた天狗赤玉先生と人間から…

静かな大地 / 池澤夏樹

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎ コスモポリタン池澤夏樹がついに自分の故郷「静かな大地 アイヌモシリ」北海道と自らのルーツを壮大に描き上げた傑作。和人に迫害され続けるアイヌ人たちとその側に立った淡路からの入植者宗形三郎志郎兄弟の苦闘の生涯と苛烈な運命を、志郎の娘…

からくりからくさ / 梨木香歩

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎ 「りかさん」の続編にして、梨木香歩文学の一つの到達点ともいえる壮大な作品。蓉子の祖母が他界し、りかさんも喪に服する。蓉子は祖母の家で友人女性三人と暮らすことになる。その家の結界、四人の女性それぞれの結界と繋がり、そして植物、動物の…

りかさん / 梨木香歩

⭐︎⭐︎⭐︎ 梨木香歩流の人形のお話し。りかさんはリカちゃん人形ではなく、日本古来からの「形代(かたしろ)」としての漆黒の髪の市松人形である。「アビゲイルの巻」も良かった。併録の「ミゲルの庭」は「からくりからくさ」と関係してくるのだが、男の私には…

冬虫夏草 / 梨木香歩

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎ 梨木香歩の「家守綺譚」の続編。前作ほどの新鮮な驚きはないが、新米文士綿貫君の鈴鹿行を描く梨木さんの瑞々しく美しい文章にはやはり惹かれるものがある。ハードカバーの装丁が美しいのも魅力である。

シャーロック・ホームズ対伊藤博文 / 松岡圭祐

⭐︎⭐︎⭐︎ ラノベの職人松岡圭祐の講談社文庫への単行本書下ろし。ホームズがモリアーティ教授と滝壺に落ちたころ、日本では大津事件が起こっていたという着眼点が面白い。一方伊藤博文が渡英していたころホームズは10歳くらいだったというところを利用したのも…