Count No Count

備忘録、採点表

泣き虫弱虫諸葛孔明 第5部 / 酒見賢一

 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

 嗚呼、星落秋風五丈原。泣き虫弱虫変質者、そして最高にダンディイな諸葛亮孔明の講談、これにて机を叩くを、さて、終えなん!酒見賢一渾身の最終巻、五丈原での孔明の病死までを面白おかしくと真面目さを両立させて描き切った、その力量に脱帽。

 

  本巻冒頭で酒見は柴田錬三郎の文章を引用している。

孔明は、生涯、一度も腰に剣を佩びず、鉄甲を胴につけなかった。それだけでも、孔明が、いかに、真のダンディイであったか明白である。



それに対する酒見賢一らしい返しがこれだ。

孔明がダンディであったかは、各自、ご判断いただきたい。弱くて、泣いてばかりでも、ダンディズムがないわけではない。

回転ドアは、順番に / 穂村弘、東直子

⭐️⭐️⭐️⭐️

  NHKドラマ「この声をきみに」で麻生久美子竹野内豊が朗読して話題の恋愛問答歌集。不思議なスリルと高揚感、そしてエロティシズム。う~んこれはいったい何?と、何度も読み返してしまう。

穂波(竹野内豊):
観覧車 昇るよ 君はストローをくわえて 僕は氷を噛んで
京子(麻生久美子):
隕石で 手をあたためていましたがこぼれてしまうこれはなんなの

 

いつか記憶からこぼれおちるとしても / 江國香織

⭐️⭐️⭐️ 都内の私立女子高生たちの日常に潜むちょっとした心の闇を描いた短編集。「指」「飴玉」のインパクトが強いが、「緑の猫」で親友が精神を病んで二度入院した後、コータロー(高村光太郎と智恵子から)というあだ名をつけられるのが残酷で胸を打つ。

13ヵ月と13週と13日と満月の夜 / アレックス・シアラー、金原瑞人訳

⭐️⭐️⭐️⭐️

児童文学作家アレックス・シアラーの原作を、児童文学翻訳に新風を吹き込んだ金原瑞人氏が訳した児童文学の傑作。少女と魔女の対決ファンタジーで「老いる」ということの辛さを子供に伝えようとした物語。金原瑞人氏のスピード感あふれる訳も素敵、そして本の装丁も素敵だ。そして起死回生の呪文が詩のように美しい。

Within the golden band there lies
The one that I would be
My body and my soul exchange,
And set my spitit free,

For I would now be young again
As I once used to be
So let me be the one I name,
And let that one be me.

ブレードランナー2049

⭐️⭐️⭐️

  SF映画の名作ブレードランナーの続編がついに公開された。ドゥニ・ヴィルヌーブ監督、ライアン・ゴズリングハリソン・フォード、それぞれに良かったし、映像も見事だったが、ストーリーの単純さの割に長過ぎた気がする。また、映画.comなどで予習が必要。

 

ブレードランナー 2049 : 作品情報 - 映画.com

f:id:moonmadness:20171105205014j:image

彼女がその名を知らない鳥たち

⭐️⭐️⭐️⭐️

久し振りに映画を見て泣いた。沼田まほかるの原作も知っているのに、泣くような映画じゃないのに、最後には涙が知らないうちに出ていた。阿部サダヲの演技がほぼ全てだ。改めて凄い俳優だと思った。蒼井優も体当たりの演技でよく頑張った、と思う。

彼女がその名を知らない鳥たち : 作品情報 - 映画.com

f:id:moonmadness:20171104201516j:image

米澤穂信と古典部 / 米澤穂信

⭐️⭐️⭐️

 米澤穂信の新刊。といっても「氷菓」実写化にあわせた角川書店のメディアミックス戦略の一環。小説はおまけで、古典部シリーズの舞台裏公開的ムック本。古典部メンバーの本棚はそれぞれの個性を反映させて面白いし、古典部ファンには垂涎、読み応えあり。掌編「虎と蟹、あるいは折木奉太郎の殺人」は「いまさら翼といわれても」収録の「わたしたちの伝説の一冊」の続編的内容。