Count No Count

備忘録、採点表

スペードの3 / 朝井リョウ

⭐︎⭐︎⭐︎

  朝井リョウを読んでいくシリーズ、今回は「スペードの3」を選んでみた。

 

  トランプゲームの「大富豪」に擬えた「スペードの3」「ハートの2」「ダイヤのエース」の三章からなり、それぞれの仕掛けに工夫を凝らすとともに、三編がうまくリンクして一つの物語を形成している。その中でいかにも朝井リョウらしいタッチで、女性仲間の優越感や劣等感、そしてそれぞれの世界でのカーストを描いた作品。

 

スペードの3

スペードの3は、場にジョーカーが単独で出ているときのみ、「革命」の有無に関係なく最強のカードとなる。

  明らかに宝塚を想定した劇団の元男役スター香北つかさの私設ファンクラブ「ファミリア」の幹部美知代が主人公。彼女は第一希望の化粧会社の就職に失敗しその関連会社である配送センターに勤務しているという劣等感がある一方、クラブ全員を取り仕切り、マネージャーと直接交渉できる地位であることに密かな優越感を抱いている。しかし小学校の同級生アキがファンクラブに入会することでそんな平穏な日々に波風が立ち始めます。

 

  そしてこの独りよがりな優越感は、彼女が小学生で学級委員であった頃からの習性だったことをアキにズバリと指摘されてしまう。

  そう、彼女は皆のまとめ役であること、かっこいいけれど荒っぽい男子とただ一人口を聞ける間柄であること、ブスで目立たないむつ美という子を庇護してやること、合唱のピアノ伴奏をクラスでただ一人できること、修学旅行の予定やしおり作成を仕切ることなどで自尊心を満足させていたのだ。

 

  しかし、そんな日々に亜希(アキ)という美少女転校生がやってきて、少しずつその優越的な立場が崩れ始める。

 

  この今と昔を絶妙なミスリードで繋げていく朝井リョウの手腕に脱帽、この作品が一番面白かった。そして最後、もう脇役しか回ってこなくなっていた香北つかさのブログでの唐突な引退宣言。それが最後の「ダイヤのエース」に繋がっていく。

 

ハートの2」   「スペードのエース」でブスで縮毛でクラスの誰からも相手にされず、声をかけてくれるのは優越感を感じるための委員長美知代だけだった明元むつ美が主人公。彼女は校区の関係で、小学校のクラスからただ一人だけ別の中学校に進学、そこで絵の才能のある彼女は同級生に誘われて演劇部に入部、美術係に自分のいる場所を見出す。

  そして演劇好きの部員から借りた演劇雑誌で、香北つかさという研究生が自分に何か似ていると感じ、それから香北つかさの記事を収集し始める。

 

  そして

自分を、自分のために変えたくて

行った、つかさを真似たある決断を最後にこの章は終わる。そこまでの経緯をうまくまとめ上げた、リョウの作品にしては前向きな、救いを感じる作品。

 

ハートのエース」   最後は香北つかさ。同期の研究生沖乃原円との、長い長い友情と確執の物語。

 

  華やかなスターにも人知れず抱いているコンプレックスなり嫉妬心はある。彼女の場合、劇団員になるに際して売り物となるような特別な家庭環境とか生い立ちとかはなく、またルールを平気で破るけれどなぜか許されてしまうというようないい意味での不良性とかが皆無。

  平凡で優秀で男役としては成功し退団後もファンクラブも未だにあるけれど、最近回ってくるのは主人公の引き立て役ばかり。有名演出家にもズバリと致命的な欠点を指摘されてしまう。

 

「あなたは、同期の中ではエースと呼ばれ、寮でもリーダー的な存在だったそうですね」

「あなたの演技を見ていると、あなたが昔からリーダー的な存在で、優等生だったということもよくわかります。」

「あなたは、まわりから迷惑をかけられることも、まわりに迷惑をかけることも、あまりなかったのではないですか」

「その姿のまま舞台に立って人の心を揺さぶろうなんていうのは、少し、ずるい考えではないですか」

 

  つかさはずるいのは円の方だと思う。私もどちらかと言えばつかさタイプだったので彼女の気持ちは痛いほどわかる(気がする)。でも舞台で光り輝くのは残念ながら円の方なのだ。

 

  そう、円はつかさにない全てを持っていてスターダムに君臨していた。そして引退宣言さえつかさにとっては妬ましい。実はつかさも今の自分の立ち位置が嫌で、ブログに引退記事を長い期間かけて下書きし続け周到に準備していた。しかしそれでさえ突然のハプニングでおじゃんになってしまう。そう、「スペードの3」で突然発表された引退宣言はハッキングによるイタズラだったのだ。。。

 

  つかさと円を結びつけていた「黄色のストール」を「スペードの3」でアキが身につけているのを見つけた時のつかさの反応にはホロリとさせられました。

 

長身、ショートカットの髪の毛、黄色いストール。まるで、あのころの自分がそこにたっているかのようだ。(中略) ー ごめんね。ずっと私の方がずるくて。   頭の中で円の声が聞こえる。真っ暗な視界の中で、夢組に入って間もないころの円が、つかさの首に黄色いストールをかけてくれる。

 

  このレビューをよく読めば、リョウのミスリードがわかるはず。