Count No Count

備忘録、採点表

SF

山尾悠子作品集成 / 山尾悠子

⭐️⭐️⭐️⭐️ 「増補・夢の遠近法」に収録されていた「パラス・アテネ」の続編(破壊王シリーズ)を読みたくて、図書館から借りだしてきた。分厚い、重い! 山尾悠子作品集成 国書刊行会から2000年に発行されている。嬉しいことに栞に佐藤亜紀が「異邦の鳥」とい…

銀河英雄伝説大考察(マイウェイムック)

⭐️⭐️ 映画待ちでふらっと本屋に立ち寄って目に入ってしまった。話のネタに丁度よさそう、とパラパラめくっていたが、妙に胡散臭い。このムック、文責ライターが記載されていない。誰が書いたか分からないものには手をつけるべきではないかとも思ったが、カラ…

バナナ剝きには最適の日々 / 円城塔

⭐︎⭐︎ 円城塔の作品の中では比較的わかりやすい短編集だというので読んでみた。 。。。。。どこが?。。。。。 まあ、「Self-Reference ENGINE」は短編集といっても相互連関があるのでなかなか途中ではやめにくい。でも、この作品集はそれぞれが独立した作品…

屍者の帝国 / 伊藤計劃 X 円城塔

⭐️⭐️ 伊藤計劃の未完の遺作「屍者の帝国」を、円城塔が遺族の了解を得て、3年という年月を費やして完成させた壮大なスケールのSF作品。 とは言ってみたものの、パラレルワールドSFと呼べばいいのか、スチームパンクと呼べばいいのか、19世紀オールスター・…

Self-Reference ENGINE / 円城塔

⭐️⭐️ P, but I don't believe that P. で始まる円城塔の短編集。二部20編で構成され、プロローグとエピローグがつく。 第一部: Nearside う~ん。。。。。 下記のキャッチコピーはよくできている、としか言いようがない。 円城流「夢十夜」だと言われれば、…

The Indifference Engine / 伊藤計劃

⭐️⭐️⭐️ 盟友円城塔の「Self-Reference ENGINE」とよく似た題名の伊藤計劃の短編小説集。実際円城塔と合作した「解説」という実験的な(あまり面白くはないが)作品もある。 元々一つのまとまった短編集として書く(描く)意図があったわけではなく、彼の遺し…

ハーモニー / 伊藤計劃

⭐️⭐️⭐️⭐️ 伊藤計劃の第三作である「ハーモニー」。処女作の「虐殺器官」の後の世界を描きながらも、打って変わって穏やかな題名。巻末対談によると、「虐殺器官」という題名だけで母に本を捨てられてしまった、という少年のブログ記事があって申し訳なく思い…

虐殺器官 / 伊藤計劃

⭐️⭐️⭐️⭐️ 読んでおかねばと思いつつ、未読という作家が何人かいるのだが、伊藤計劃もその一人。この度やっとこの処女作を手に取った。 私は日本のSF小説は海外、特にアメリカのSFに比して停滞気味だと長く思ってきた。実際SFマガジン700の海外篇と国内篇を比…

銀河英雄伝説 全15巻BOX SET / 田中芳樹

⭐️⭐️⭐️⭐️ 銀河英雄伝説、通称「銀英伝」、SFファンのみならず、本好きアニメ好きの方なら知らぬ者はないだろう傑作大河スペースオペラ、田中芳樹の代表作である。 もともとは徳間書店から出ていたが、田中芳樹曰く「創元SF文庫を終の棲家と定めた」そうで、…

バルタザールの遍歴 / 佐藤亜紀

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎ 佐藤亜紀の処女小説にして第三回日本ファンタジーノベル大賞受賞作。文章の完成度と欧州現代史の知識を縦横無尽に使いこなす技術は圧倒的。ただ、その完成度に比して着想をうまく活かしきれていない。 バルタザールの遍歴 佐藤亜紀 文藝春秋 660円 …

銀の三角 / 萩尾望都

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️ 萩尾望都SFの最高峰にして超難解かつ美しい傑作。 銀の三角 萩尾望都 白泉社 650円 Amazonで購入書評

天使 / 佐藤亜紀

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️ 気を許せば脳を燃やしてしまう火酒のような文章。知性と教養を強要する内容。思惟できない低能な者は読まなくていい、とでも言いたげな高慢なまでの読者への挑戦。大好物だ。ちなみにこれでもSF。 天使 佐藤亜紀 文芸春秋 620円 Amazonで購入書評

10月の少女たち / 萩尾望都

⭐️⭐️⭐️ 萩尾望都の1970年代の短編集。初期故にさすがに絵もストーリーも少女漫画してる。そんな中でも「精霊狩り」シリーズが魅力。解説はなんと吾妻ひでおしぇんせい! 10月の少女たち 萩尾望都 小学館 710円 Amazonで購入書評

エデン2185 / 竹宮恵子

⭐️⭐️⭐️ 竹宮恵子のコミカルSF「私を月まで連れてって」から派生した、壮大な宇宙船の年代記。 エデン2185 竹宮惠子 eBookJapan Plus 円 Amazonで購入書評

スター・レッド / 萩尾望都

⭐️⭐️⭐️⭐️ 出色のキャラクター、レッド・星(セイ)を主人公とした、壮大なSF漫画。萩尾望都先生の代表作の一つ。 スター・レッド 萩尾望都 小学館 840円 Amazonで購入書評

ちぐはぐな部品 / 星新一

⭐️⭐️⭐️⭐️ ショートショートの名手星新一の作品30編を収録。「殺し屋ですのよ」等からまだ短編集に収録していなかった作品を集めているので雑多な内容となっているのでこの題名にしたとあとがきで書いておられる。しかしクオリティは驚くほど一定していてさす…

失われた世界 / コナン・ドイル

⭐️⭐️⭐️⭐️ コナン・ドイルは推理小説だけでなく、SF文学の祖でもあった。ホームズに負けず劣らず濃いキャラの連中が繰り広げるジュラパ的冒険譚は今でも色褪せない面白さだ。良くも悪くも七つの海を支配していた大英帝国ならではの小説だが、構成に与えた影響…

スターウォーズ 最後のジェダイ

⭐️⭐️⭐️⭐️ 過去最高の映像と相変わらず単純なイデオロギーと。最後はやっぱり自己犠牲とチャンバラか、みたいな。ソロの息子が存在感を増していたのは立派なもの、キャリー・フィッシャー追悼のエンドロールが泣かせる。 http://eiga.com/movie/84134/

ブレードランナー2049

⭐️⭐️⭐️ SF映画の名作ブレードランナーの続編がついに公開された。ドゥニ・ヴィルヌーブ監督、ライアン・ゴズリング、ハリソン・フォード、それぞれに良かったし、映像も見事だったが、ストーリーの単純さの割に長過ぎた気がする。また、映画.comなどで予習が…

しあわせの理由 / グレッグ・イーガン、山岸真編・訳

⭐️⭐️⭐️⭐️ グレッグ・イーガンの日本オリジナル短編集「祈りの海」に続く短編集。二冊目でも全くクオリティの落ちないイーガンの凄さ!SFとしては易しく哲学的に深い作品が多いので、SFファンでなくても十分楽しめる。象徴主義の画家クノップフの「愛撫」を題…

ロミオとロミオは永遠に / 恩田陸

⭐️⭐️⭐️ 恩田陸が早川書房のJシリーズに書いた近未来ディストピアSF。そのハチャメチャ振りは、本人が「書いた時はハッピーエンドだと思ったけど文庫版出版の際に読み返してみて暗いので書いた自分がびっくりしている!」というくらいぶっ飛んでいる。なお、…

美しの神の伝え / 萩尾望都

⭐️⭐️⭐️ これも「ピアリス」と同じく、萩尾望都SF原画展を契機に発売された新刊。全くの新作ではなく以前からある「音楽の在りて」という短編小説集13作品に「クリシュナの季節」「左手のパズル」とショート漫画「いたずら らくがき」の三作を追加したもの。…

ピアリス / 萩尾望都

⭐️⭐️⭐️ 萩尾望都SF原画展をきっかけに初書籍化された、未完の小説。1994年当時多忙を極めていた萩尾望都が文章だけなら書けるが自信はないとのことで「木下司」名義でイラストを萩尾望都担当という事にして角川書店の「The Sneaker Special」という雑誌に4…

もののあはれ / ケン・リュウ

⭐️⭐️⭐️⭐️ 文庫化にあたり二つに分けられた第2短編傑作集。やっとケン・リュウのSFを堪能できた。でもテッド・チャンやグレッグ・イーガンの影響受けすぎ。これからどれだけオリジナリティを出していけるかだなぁ。そういう意味ではチャイニーズ・スチームパ…

紙の動物園 / ケン・リュウ

⭐️⭐️ アメリカの若手SF作家ケン・リュウの短編傑作集。元々日本独自で編集された同名本が大好評で文庫化にあたり二分割された。こちらはファンタジーが主体。トリプルクラウンの表題作はそれほどでもなかったが、文字占い師(The Literomancer)は題名にも内容…

祈りの海 / グレッグ・イーガン、山岸真訳

⭐︎⭐︎⭐︎ 現代ハードSFの代表的作家、グレッグ・イーガンの初期の短編集。日本独自の選択のため、扱うテーマや難解さの程度は様々で、得意の物理的分野より病院での仕事経験の方を感じさせる作品もある。しかしクオリティが一定していてイーガン・イズムがブレ…

ディアスポラ / グレッグ・イーガン

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎ ハードSFの旗手グレッグ・イーガンの代表作の一つ、文学としてのSFを終わらせるような「史上最も難解なSF」(1997年当時)。宇宙における人類の存在意義や宇宙自体の意味を問うた小説は数あれど、ここまでの理論的高みに達した作品はまずないだろう…

マリコ/マリキータ / 池澤夏樹

⭐︎⭐︎⭐︎ 池澤夏樹の五編からなる短編集。表題作はグアム島が舞台で個人的な思い出とリンクして楽しかったが、真の傑作は最後の「帰ってきた男」。短編ハードSFとしてかなりいい線いってると思う。

Lion Loose / James Schmitz

⭐︎⭐︎ 日本ではあまり知られていないアメリカのSF作家の二流スペースオペラ。恐怖の異生物Hlatはなかなか魅力的ではあるのだが、全体的な構成に難あり。