Count No Count

備忘録、採点表

絵画

芸術新潮 2019年7月号 萩尾望都特集

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎ 芸術新潮がモー様こと萩尾望都を大特集、しかも表紙絵は描きおろし新作、とあれば買わずにいられない、もう永久保存版。 画業50周年記念大特集とあるが、それだけでなく、 ・「ポーの一族 ユニコーン編」が完結し、単行本第一巻がもうすぐ発売にな…

フェルメール展 @ 大阪市立美術館

今朝コンタクト眼科の診察、買い物を済ませ,その後フェルメール展に行ってきた。 阪神高速を天王寺で降りてすぐの天王寺地下駐車場に車を止める。ポルシェ・マカンの隣が空いていたのでそこに止めて記念撮影(w。 地上に上がると天王寺公園。昔は路上カラオケ…

プラド美術館展 @ 兵庫県立美術館

⭐︎⭐︎⭐︎ 兵庫県立美術館で開催中の「プラド美術館展」 自分の守備範囲外であるベラスケス、ブリューゲル、ルーベンス、スルバラン、ムリーリョ、といったところを見られてよかった。

サロメ / 原田マハ

⭐️⭐️ 原田マハのアート小説シリーズ。オスカー・ワイルドの「サロメ」の挿絵画家オーブリー・ビアズリーと、その姉メイベルが今回の主人公。今回も現代パートと過去パートがあるが、現代パートはほとんど機能していない。文章も相変わらずの修辞の仰々しさが…

怖い絵展 @ 兵庫県立美術館

⭐︎⭐︎⭐︎ 兵庫県立美術館で開催中の「怖い絵展」、中野京子の「怖い絵」シリーズ本の絵画を展示する企画、アイデアがなかなかいいので人気になっている。だから正直なところ大した絵は来ていないのだが、やはりドラローシュの「レディ・ジェーン・グレイの処刑…

Fireworks of a Summer Night

a collage made by rehab ward patients.

アノニム / 原田マハ

⭐︎⭐︎ 原田マハ版ミッション・インポッシブル、アメリカ現代アートだからハリウッド的ポップさでいいのかもしれないが、ジャクソン・ポロックへの入れ込みように比べれば軽い軽い

アドルフ・ヴェルフリ展@兵庫県立美術館

⭐︎⭐︎ 二萬五千頁の王国 ファンタスティック・エキセントリック アール・ブリュットの「王」が描いた夢物語。とはいえ、幼女嗜好の犯罪者が半生を統合失調症で精神病院で過ごした男。約50の意匠が執拗に繰り返される画面の隙間をドイツ語と音符が埋め尽くし、…

松本零士牧美也子夫婦コラボ展

⭐️⭐️⭐️⭐️ @神戸ゆかりの美術館 本日最終日

ルノワールとピカソのムーラン・ド・ラ・ギャレット

ピエール=オーギュスト ルノワール(35歳)、1877 パブロ ピカソ(19歳)、1900

印象派で「近代」を読む / 中野京子

⭐️⭐️⭐️ Amazon CAPTCHA

Count No Count

Count No Count by Ross Breckner 1989 Whitney Museum of American Art