Count No Count

備忘録、採点表

コミックス

しゃばけ漫画 佐助の巻 / 畠中恵、萩尾望都、他

⭐︎⭐︎⭐︎ しゃばけシリーズの文庫本落穂拾い、人気漫画家によるトリビュート「しゃばけ漫画」、仁吉の巻についで今回は佐助の巻。ついに真打モー様の登場! 原作:畠中恵 キャラクターイメージ原案:柴田ゆう 漫画: 萩尾望都: うそうそ 箱根の湯治についての…

しゃばけ漫画 仁吉の巻 / 畠中恵、高橋留美子、他

⭐︎⭐︎⭐︎ しゃばけシリーズの文庫本落穂拾い。2013年、「小説新潮」で人気漫画家によるトリビュート漫画の連載が開始され、翌年それらを集めたアンソロジー集がパンチコミックスから刊行され、2016年には潮文庫から「しゃばけ漫画 仁吉の巻」「しゃばけ漫画 佐…

ポーの一族 ユニコーン編

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎ ついに出ました、世界にその名を轟かせるJapanese Shojo Manga「The Poe Clan」こと、萩尾望都先生の「ポーの一族」の最新巻「ユニコーン」。 いよいよ40年前の「ポーの一族」の最終章「エディス」と、前作「春の夢」の世界が融合し、新たなポーの…

模倣犯 / 宮部みゆき

⭐︎⭐︎⭐︎⭐️ 宮部みゆきの本領、社会派ミステリーの傑作「理由」に続く超大作「模倣犯」である。読んでもいないし、映画も見ていないがそんな私でも大体どうい内容かは知っているほどの有名作品。こういうタイプの犯人は怖気が振るうほど大嫌いなので読んでいな…

マイブック 2018年の記録

「ブクレコ」や「本が好き!」でやっていた年末恒例行事、その年の読書総括である。今年はこちらですることにした。 2018/12/20現在、公開レビューが111本、下書き中が9本ある。下書きからはおそらく選ぶことはないと思うので、この時点で思いつくままに選…

ふうらい姉妹 第四巻 / 長崎ライチ

⭐️⭐️ 美女だけど残念な姉妹のゆる〜いギャグが持ち味のふうらい姉妹も最終巻。長崎ライチのお二人、お疲れさまでした。というわけで第四十一回ー第五十二回、最終回、特別編「いろどり広場(イラストギャラリー)」、おまけ漫画「電車にて」、「いろどり広場…

ふうらい姉妹 第三巻 / 長崎ライチ

⭐️⭐️⭐️ くせになる、ゆる~いギャグ漫画「ふうらい姉妹」も第三巻。第二十七回~四十回に加え、今回もおまけとして「宝物」「回想録」「いろどり広場」を収録。そして今回は狭間に「登場人物図鑑」が入ります。 (8)山本れい子・しおり (9)とうとつくん…

ふうらい姉妹 第二巻 / 長崎ライチ

⭐︎⭐︎⭐︎ あかつき姐さんに勧められて読んだ長崎らいちの「ふうらい姉妹」にはまってしまったので第二巻。第十四回ー二十六回、「回想録」「いろどり広場」収録。各章の合間に諸種外国語版台詞の「世界のふうらい姉妹」が挟まれる。 あいかわらずまったりした…

ふうらい姉妹 / 長崎ライチ

⭐️⭐️⭐️ あかつき姐さんのレビューを見て速攻で買った、ホノボノ系ギャグ漫画。 長崎ライチという漫画家は全く存じ上げなかったが、姉妹による漫画ユニットで姉が原作担当、妹が作画担当だそうである。ちなみにこの漫画が作者初の単行本となったそうで、Wikip…

なんて素敵にジャパネスク2 / 氷室冴子

⭐︎⭐︎⭐︎ 氷室冴子の「なんて素敵にジャパネスク」復刻版2。最初は前巻のかろみを踏襲して、あいもかわらず瑠璃姫は 「冗談はよしのすけ。」 なんてセリフを連発して笑わせてくれるが、中盤から後半にかけて徐々に物語はヘビーになっていく。 ネタバレになる…

なんて素敵にジャパネスク / 氷室冴子

⭐️⭐️⭐️ 先日読んだ「ザ・チェンジ」の系譜をつぐ氷室冴子の代表作の一つ、私でも題名くらいは知っている「なんて素敵にジャパネスク」。冊数が多いのでためらっていたが、あかつき姐さんによると第二巻までで十分ということで、復刻版がそこまで出ているので…

月の輝く夜に/ザ・チェンジ / 氷室冴子

⭐️⭐️⭐️ 今年は氷室冴子没後10年とのこと。私はコバルト文庫には縁がなく一冊も読んだことがなかったが、ジブリの「海がきこえる」もこの人の作品だと「本が好き!」で全作レビュー中のあかつき姐さんに教えてもらった。ついでに、初めて読むのなら何がいいか…

訪問者 / 萩尾望都

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎ 「トーマの心臓」の重要登場人物、オスカー・ライザーを主人公としたスピンオフ作品。 彼の出生の秘密は「トーマの心臓」でほぼ明らかとなっている。すなわち、彼を育てたグスタフ・ライザーは実父ではなく、彼の旧友であるシュロッターベッツ校長…

トーマの心臓 / 萩尾望都

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎ 萩尾望都先生の「ポーの一族」と並ぶ初期の代表作の一つ。当時は憧れでしかなかった欧州のギムナジウム、禁断の少年愛の世界、巧妙なプロット、繊細な画風、後の少女漫画に与えた影響は計り知れない。 この時期の少年愛漫画の双璧をなすもう一つ…

銀の三角 / 萩尾望都

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️ 萩尾望都SFの最高峰にして超難解かつ美しい傑作。 銀の三角 萩尾望都 白泉社 650円 Amazonで購入書評

10月の少女たち / 萩尾望都

⭐️⭐️⭐️ 萩尾望都の1970年代の短編集。初期故にさすがに絵もストーリーも少女漫画してる。そんな中でも「精霊狩り」シリーズが魅力。解説はなんと吾妻ひでおしぇんせい! 10月の少女たち 萩尾望都 小学館 710円 Amazonで購入書評

エデン2185 / 竹宮恵子

⭐️⭐️⭐️ 竹宮恵子のコミカルSF「私を月まで連れてって」から派生した、壮大な宇宙船の年代記。 エデン2185 竹宮惠子 eBookJapan Plus 円 Amazonで購入書評

半神 / 萩尾望都

⭐️⭐️⭐️⭐️ 萩尾望都の短編集。わずか16Pの中に、シャム双生児の姉妹の痛切な哀しみを描いた表題作は、萩尾望都の短編の中でも傑出した傑作。他はSF&ファンタジーが殆ど、「ハーバル・ビューティ」「酔夢」「偽王」あたりがいい。 半神 萩尾望都 小学館 円 …

美しの神の伝え / 萩尾望都

⭐️⭐️⭐️ これも「ピアリス」と同じく、萩尾望都SF原画展を契機に発売された新刊。全くの新作ではなく以前からある「音楽の在りて」という短編小説集13作品に「クリシュナの季節」「左手のパズル」とショート漫画「いたずら らくがき」の三作を追加したもの。…

ポーの一族 春の夢 / 萩尾望都

⭐︎⭐︎⭐︎ 萩尾望都先生、40年ぶりの「ポーの一族」の新刊。昨年から月刊Flowersに連載された新エピソードが完結した。ご自身が述べられているように絵も顔も変わったが、とにもかくにも新しい物語が読めるのは嬉しい限りだ。