Count No Count

備忘録、採点表

恋妻家宮本

⭐︎⭐︎⭐︎

お気楽ドタバタコメディと思いきや、意外によく脚本の練られた良質なコメディ。キャストもよい。天海祐希を初めて女性として見ることができた。昔の天海役が元ももクロ早見あかり!信じられないくらい奇麗になってた。エンドロ―ルの吉田拓郎の「今日までそして明日から」のフラッシュモブ的処理もGOOD。

 

eiga.com

広告を非表示にする

新釈走れメロス / 森見登美彦

⭐︎⭐︎⭐︎

二回目の直木賞候補も惜しくも落選したモリミンこと森見登美彦の、名作パロディ集。安定の京都大学腐れ大学生シリーズだが、さすが名作を下敷きにしているだけあって暴走気味の走れメロスを除いては以外にシリアスだったりする。私の大好きな漱石夢十夜を用いた千野帽子の解説に見事やられた。

笹まくら / 丸谷才一

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

丸谷才一ジェイムズ・ジョイス的手法を駆使し、徴兵忌避者の戦中戦後を描いた傑作反戦小説。戦中の行きずりの女との優れた恋愛小説ともなっている。

 

 

広告を非表示にする

沈黙

⭐︎⭐︎⭐︎

あれだけ遠藤周作の原作に忠実に残酷で崇高な物語を紡いでおきながら、マーチン・スコセッシは最後の最後で原作との根源的な解釈の違いを見せた。残念だ。

沈黙 サイレンス
http://eiga.com/l/cRy5J

f:id:moonmadness:20170129151612j:image

広告を非表示にする

樹影譚 / 丸谷才一

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

村上春樹の「若い読者のための短編小説案内」で論じられていた六編の短編の中で最も興味をそそられた一編。語り手が丸谷から小説内作家へ変わっていきその作家による小説内小説に移り変わって最後にその作家が異界に落とし込まれる、その手腕は見事。

広告を非表示にする

夜行 / 森見登美彦

⭐️⭐️⭐️⭐️

 惜しくも直木賞受賞を逃した森見登美彦の作品。今までのコミカルな面の裏に隠されていた彼の闇の部分を見事にいたダーク・ファンタジー。でも語り口はやはり森見独特のものがある。

 

広告を非表示にする

若い読者のための短編小説案内 / 村上春樹

⭐️⭐️⭐️

今年二月末に待望の新作「騎士団長殺し」が発売される村上春樹。彼の作品中の読み残しの一つ。第三の新人六人を作家の視点から遠慮なく読み解いていく、読者としての村上春樹、さすがの一言。